厄介な不眠症を治すには

「厄介な不眠症を治すには」のピクチャです。

病気の中にも、よくかかるものとそうでないものがあります。
例えば、風邪は私たちがよくかかってしまう病気の代表とも言えるでしょう。
熱が出たり咳が出たり、風邪をひいてしまうとさまざまな症状に苦しめられるかと思います。
しかし、風邪程度の病気であれば、身近な内科や耳鼻咽喉科へ行けばすぐ治療してくれますし、風邪薬も処方してくれます。
よくかかる病気だからこそ、その対処にもそう困らないはずです。
ですが、ふだんあまりかからない病気になってしまった場合はどうでしょうか。

現代病のひとつとして問題になっているのが不眠症です。
寝ようと思ってもなかなか寝付けない「入眠障害」がもっとも有名ですし、この症状だけが不眠症だと思い込んでいる人も少なくありません。
しかし、不眠症には他にも症状があります。
寝ていても夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」。
予定していた起床時間より2時間以上早く起きてしまううえ、寝直そうとしても眠れなくなってしまう「早朝覚醒」。
しっかり寝たにも関わらず熟睡した感じがない、もしくは起きた直後も疲労を感じる「熟眠障害」。
入眠障害に加え、これら3つの症状も不眠症に該当するので気をつけましょう。
特に中途覚醒は入眠障害よりも患者数が多いのですが、不眠症だと自覚していない人が多いというのが現状です。

もし不眠症を改善させたい場合、生活リズムを見直すことも大切ですが、睡眠薬を使用して治療するのが最も早くて効果的です。
ですが、睡眠薬なんてそう頻繁に使用する医薬品ではありませんし、初めて使用を考えているという人もいるでしょう。
その場合、「どこで睡眠薬を購入するのか」「医療機関へ行く場合、どんな治療をするのか」「どのくらいの費用が必要なのか」など、わからない部分がたくさんあるでしょう。
そんなたくさんの疑問や不安を抱くことなく、簡単に医薬品を個人で購入できるのが個人輸入代行というサービスです。
睡眠薬の購入も簡単にできますので、ぜひ不眠症にお悩みの方はチェックしてみてください。

不眠症かどうかをチェック

「不眠症かどうかをチェック」のピクチャです。

ただ寝れないからといってすぐ不眠症だと考えるのは早いです。最近は医師が監修して制作しているセルフチェック表などがネット上にたくさんありますので、まずはそちらを使って不眠症なのかどうかをチェックしてみましょう。

続きを読む